固定ページ

志望動機を話すために練習する!

仕事の面接で必ず聞かれるのが志望動機です。将来なりたい職業に向けてステップアップのために応募する場合は、志望動機も考えやすいでしょう。正社員の面接であっても、単にお金を稼ぎたくてアルバイトを希望する人であっても同じこと。面接で聞かれたら志望動機をどのように応えるのでしょうか。インターネットで調べると、採用担当者に好まれる志望動機がいろいろ出てきます。それを一字一句同じように言うのでは面接担当者には何も伝わらず、例文を参考にした事がすぐにわかってしまいます。例文を参考にするのは良いのですが、そこから自分の言葉に置き換えて伝えるようにしましょう。特に正社員を希望するのであれば、会社にどように貢献したいと考えているか?方向性が明確でなくても気持ちや情熱をアピールしたいものです。

私は以前、アルバイトの面接で志望動機について「生活費を稼ぎたい」と答えて面接に受かったことがあります。正直にどうして応募したのか、そのお仕事の何処に魅力を感じたのかを話せれば十分ではないかと考えています。あまり自分を良い格好に見せず、ありのままを見てもらいましょう。短期アルバイトでなければ「長く続けたい」「仕事に対してやる気がある」ということをアピールすることができれば、面接担当者に不安を与える事もないでしょう。後は志望動機をしっかり伝えられるように、事前に練習しておくことです。アルバイト試験は自信がありますが、正社員は不安です。

正社員の採用試験は今回はじめて。志望動機をしっかりアピールする事によって、面接担当者の印象アップにも繋がると信じて挑みたいと思っています。練習・練習・練習です。

Write a comment