固定ページ

所得と税金について

稼いだお金は労働収入なので、所得税という税金の対象になります。具体的には毎月のバイト料が8万8千円を越える場合、所得税の納付が義務化されるのです。その場合、勤め先が給与から税金分を天引きして納付してくれているので、毎月なんらかの手続きをする必要があるわけではありません。しかし、年末になると事情が少し違ってくるのです。

アルバイトであれパートであれ、正社員であれ派遣社員であれ、税金は本来一括して支払うものであり、毎月差し引かれる所得税はその前払いに過ぎません。また、その金額も収入から年収に換算されたものであり、所得控除についてもほとんど考慮されていないため、その金額は大きくなる傾向にあります。こうした、いわば「払いすぎた」税金について、還付を受けることができる制度があります。「年末調整」です。通常その手続きは会社がやってくれるものなのですが、アルバイトやパートは年末調整の対象としていない職場も多いため、還付を受けることができない人が多いのが現状です。

還付を受けるためには、自分で手続きを行う必要があります。まずは、職場に源泉徴収票を貰いましょう。もし、請求しても発行してもらえないようであれば、税務署に相談に行きましょう。税法上では、職場が源泉徴収票を発行しないのは違法になります。受け取った源泉徴収票に記載されている項目のうち、支払金額の欄に記入されている金額が103万円以下の場合は、税務署で手続きを行えば天引きされた税金が全額戻ってきます。ちょっとしたボーナスですね。手続きの方法については、国税局や税務署に問い合わせるなどして確認しましょう。

正社員であれば、会社で手続きを行うので所得税について、個人で税務署に行かなくて済みます。

Write a comment